TOEIC®対策

TOEIC®L&RテストのPart3を対策しよう!会話問題を聞き取るスキルを磨こう

Part3では、複数の人たちの会話を聞き、問題に答える会話問題が出題されますが、
会話が長いので聞き取れない
Part3で点が取れない
とお悩みの方も多いと思います。

Part3でのスコアアップを目指す方は、よく出題される会話の場面設定と、解き方のコツを知っておくと良いでしょう。

そこで今回は、TOEIC®L&RテストのPart3で頻出の会話の場面設定や対策方法、リスニング力を向上させられる勉強法をお伝えします。

さらに、スコアアップ対策に特化した学習プログラムもご紹介しますので、短期間でスコアを伸ばしたい方、指導経験が豊富な講師によるオンラインレッスンに興味のある方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

\効率的なTOEIC勉強法をオンラインで教えます!/

TOEIC対策のオンライン体験はこちら

TOEIC®L&RテストPart3によく出る場面設定

ここでは、Part3によく出る会話の場面をご紹介します。
よく出る場面設定を頭に入れつつ会話を聞くことで、聞き取りやすくなりますので、ぜひ以下の内容をチェックしておきましょう。

店やホテルでの会話

Part3では店やホテルでの会話がよく出題されます。
たとえば、商品の交換、店や駅で商品を購入、ホテルの予約、不動産会社とのやり取りなど。

設問では同じ英文が使われることが多々あります。
そのため、よく出る設問文をすぐに理解できるよう、準備しておきましょう。

日常生活における会話

日常生活における会話は、Part3で頻出の場面設定です。
商品配達の依頼や確認、価格の見積り、交通機関や銀行でのやり取り、問題の報告などが会話の場面となります。

日常生活の場面での会話が出題される場合、依頼提案申し出に関する設問があります。
「誰がどんなことを依頼しているのか?」「誰がどういったことを申し出ているのか?」を聞き取るようにしましょう。

また、”How may I help you?””behind schedule”など、日常場面での会話によく出る重要語句も確認しておいてください。

オフィスでの会話

つづいて、オフィスでの会話です。
オフィスでの会話では、予約の変更、会議の内容確認、資料や進捗状況の確認、調査結果、問題の解決策といった場面の会話を聞き取ります。

“What will the man probably do next?”といった設問の場合、会話の後半部分に重要な話が語られる可能性があるので、集中して聞き取るようにしましょう。

図表問題と意図問題

さらに、図や表を確認しながら解く図表問題も出題されます。
図表には金額や時間、スケジュール、物の数、フロア数などが記載されており、金額や時間などが選択肢に並びます。

また、発言の意図が問われる意図問題も出題されます。
意図問題は会話を聞き取りながら意図も理解しなければならず、難しいと感じる方が多いでしょう。
そのため、リスニング力の向上を図りつつ、問題慣れしておいてください。

TOEIC®L&RテストPart3の対策方法とは?

ここでは、Part3の対策方法を解説します。


冒頭をしっかり聞き取る

会話している場所などの重要な情報は、会話の冒頭で語られることが多いです。
問題によっては、会話の冒頭を聞くことで答えが分かるものもあるため、冒頭の部分をしっかり聞き取るようにしましょう。

問題文の先読み

問題文を先読みしておくのも、Part3で得点するコツです。

問題文にさまざまな情報が盛り込まれている場合、問題文から会話の内容が推測できるケースもあります。
また、事前に何が問われているのかを確認しておけば、注意深く聞くべき箇所が分かります。

問題文にある主語となる登場人物が、答えに結び付く情報を語る可能性が高いので、主語が誰なのかもあわせてチェックするのもポイント。
会話を聞く際は、特に主語となる人物の発言を集中して聞くようにしましょう。

なお、前述したとおり会話の冒頭部分には、大切な情報が含まれていることがあるので、問題文の先読みをしながらも、冒頭箇所を聞き逃さないように注意してください

TOEIC®L&RテストPart3の勉強方法を紹介!

Part3のスコアアップのためにおすすめの勉強法は、音読学習です。
音読のトレーニングを行うことで、英語の発音、アクセント、リズムが習得でき、リスニング力アップにつながります。

文章を確認しながら、音声と同じ速度で、音声と一緒に英文を読むオーバーラッピングをすれば、同じようなストーリーを聞き取りやすくなるでしょう。

音声の後を追いかけながら、耳に入ってきた英語を発話するシャドーイングを行うことで、リスニング力と共にスピーキング力も向上します。

なお、音読用の教材としておすすめなのが、書き込みドリルです。
書き込みドリルはシリーズ累計40万部を誇る教材。
初心者でも使いやすく、基礎固めがしっかりできます。

Part3によく出る場面設定ごとに説明や問題がまとめられており、各場面によく出る語句や設問文なども掲載されています
さらに、公式問題集も音読用の教材に使うことが可能です。

音声学習については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひこちらの記事もチェックしてみてください。

音読を活用したTOEIC®の学習法【ぐんぐん英語力が伸びる効果的な勉強方法】 TOEIC®対策に効果的な学習方法といわれている音読。「何で音読が効果的なの?」と思った方もいるのではないでしょうか。実は、音読は脳科...

また、Part3を含む全パートの解き方のコツや勉強方法が知りたい方は、以下の記事も読んでみてください。

TOEIC®L&Rテストの対策をパート別に解説!【勉強の仕方やテスト対策に必見】 TOEIC®L&Rテストのスコアを伸ばすポイントは、パート別で対策をすることです。TOEIC®L&Rテストでは、Par...

KIRIHARA Online AcademyではTOEIC® L&Rテスト対策ができるオンラインレッスンをご用意しています

KIRIHARA Online Academyでは、TOEIC® L&Rテスト対策ができるオンライン形式の学習プログラムを提供しています。

先ほどご紹介した「書き込みドリル」で自主学習を行い、オンラインレッスンで不明点を講師に確認。
公式問題集」を使って問題慣れをし、実践力を身につけます。

さらに、「公式問題集」を活用した音読学習で、オーバーラッピングやシャドーイングのトレーニングを実施し、リスニング力アップを目指します。

英語が聞き取れない原因の一つは語彙力不足が挙げられますが、このTOEIC® L&Rテスト突破コースでは、ジャンル別で覚えやすく、同義表現・類似表現とセットで学べる「Database TOEIC®L&Rテスト最強 単語&フレーズ」を用いて、語彙力を強化します。

また、指導経験豊富な講師とマンツーマンで学習できるのも魅力です。

KIRIHARA Online Academyでは無料体験レッスンを実施していますので、TOEIC® L&Rテストのスコアアップを目指している方は、ぜひお気軽に受講してみてください。

TOEIC®コースの概要を確認する!

ABOUT ME
KIRIHARA Online Academy
KIRIHARA Online Academyは出版社「桐原書店」とオンライン英会話スクール「ワールドトーク」が共同で開発した新しいオンライン英会話サービスです! 英検対策・TOEIC対策に特化し、教材を活用した自己学習と、日本人講師とのマンツーマンのオンラインレッスンを組み合わせた、最も効率の良い受験対策サービスです。