TOEIC®対策

TOEIC730点はどのくらいのレベル?【最短距離での学習方法も紹介!】

TOEICを受験している方のなかでは、転職や昇進などのため、730点を目指している方も多いはず。
しかし、TOEIC 730点とは具体的にどれくらいのレベルなのでしょうか。

今回は、TOEIC 730点のレベル感や取得するメリット、おすすめの勉強方法などを解説します。
最短でTOEIC 730点突破を狙える学習方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

\効率的なTOEIC勉強法をオンラインで教えます!/

TOEIC対策のオンライン体験はこちら

TOEIC 730点のレベルとは?

ここでは、TOEIC 730点を取得できたらできることや、英検に換算すれば何級に相当するのかなど、730点のレベルがどれくらいなのかが分かる情報をお伝えします。

TOEIC 730点が取れたらできること

日常会話で問題なくコミュニケーションができるのが、TOEIC 730点のレベルだといわれています。
自分の思っていることを英語で伝えられたり、英語で話されたことを、正確に聞き取れたりすることができます。
また、英語を使った仕事にも取り組めるレベルです。

英検など他のテストに換算

英検やTOEFLなど他のテストに換算したときのレベルをご紹介します。

文部科学省の「英語の資格・検定試験に関する基礎資料」によると、英検2級はTOEIC 550点以上、英検準1級は785点以上。

つまり、TOEIC 730は準1級程度のレベルであることが分かります。
現在、英検2級を保有している方は、TOEIC 730点を目指せる英語力があるといえます。
TOEFL IBTならだいたい60点、IELTSなら5.0~5.5に相当します。(※1)

※1参考元:文部科学省「英語の資格・検定試験に関する基礎資料」(https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/117/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2016/05/24/1368985_15_1.pdf

TOEIC 730点を突破するために必要な勉強時間

一体、何時間勉強すればTOEIC 730点が取れるのか、気になりますよね。
730点を突破するために必要な勉強時間は、今の英語レベルにより異なります。

ビジネス英語研修カリキュラムの開発などに携わるプロリンガの情報によると、
TOEIC 300点の人がTOEIC 730点を取るために、必要な勉強時間は約900時間、TOEIC 600点の人は約300時間の勉強が必要とのこと。(※2)

しっかり集中して学習に取り組める方や、他のことで気が散って、あまり集中して対策ができない方もいますので、上記はあくまで目安として認識してください。

※2参考元:プロリンガ「TOEIC情報」(http://www.prolingua.co.jp/toeic_j.html

TOEIC730点を取得するメリット

ここでは、TOEIC 730点を取得するメリットをお伝えします。

転職の際に有利

海外出張があるような仕事、英語を使った専門的な業務など、英語スキルが必要とされる職業に就くには、TOEIC 730点が基準となっている場合があります。
また、外資系企業に転職する際は、最低でもTOEIC 730点が必要といわれています。

インバウンド、客室乗務員、グランドスタッフなどの仕事は、600点以上が必要とされる場合が多いので、730点を取得しておけばアピールポイントになるでしょう。

このように、英語を使う仕事をしたい方にとっては特に、TOEIC 730点以上を獲得しておけば、転職を有利に進められます。

昇進に役立つ

一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会が実施した、英語活用実態調査によると、係長や課長などの役職への昇進の際、約40%の企業がTOEICのスコアを考慮していると回答しています。(※3)

また、海外での事業活動を行う商社や英語を使う職種の場合、昇進の際にTOEIC 700~730点以上を求められるケースもあります。
このように、TOEIC 730点を取得すれば昇進の際にも役立つのです。

※3 参考元:一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会「昇進・昇格の要件」(https://www.iibc-global.org/toeic/corpo/case/com/elevation.html

学生は大学入試や就活で使える

学生にとっても、TOEIC 730点を獲得しておくことにはメリットがあります。
TOEICは大学への進学の際に活用でき、学校によっては英語試験の免除や合否判定の基準、推薦入試の出願要件などに使えます。

また、前述したとおり、TOEICは社会人になっても役立ちます。
高校生の頃からTOEIC 730点を目指して定期的に受験すれば、テスト形式に慣れてハイスコアを獲得しやすくなるでしょう。

なお、社会人と同様に、学生の新卒採用の際もTOEICのスコアが必要となる場合があります
ハイスコアを取得しておけば、強みとしてアピールできるでしょう。
就活の自己PRでアピールできることがなく困っている方は、TOEIC 730点を取ることを目指してみてはいかがでしょうか。

TOEIC 730点を取るための勉強方法

つづいて、TOEIC 730点を取得するための勉強方法をご紹介します。

単語を覚える

まずは英単語をインプットしなければなりません。
なるべく多くの単語を知っていれば、問題をスムーズに解答できます。

単語を覚える際は、TOEICに頻出する単語やフレーズが網羅されたテキストを使うと良いです。
単語がジャンル別に分類されているテキストを使えば、効率的に単語をインプットできる でしょう。

アプリを使うのもおすすめです。
テキストのみの勉強では、モチベーションの維持が難しくなることがあります。
そのため、ゲーム感覚で取り組めるアプリでの学習も組み合わせてみてください。

また、KIRIHARA Online Academyオススメの単語の覚え方として、こちらの記事も参考にしてみてください!

【ドライアイス式】TOEIC学習者にもお薦め!効果的な英語の単語学習法を教えます! 英単語はドライアイス式で覚えよう! 単語を覚えるのが苦手な方は多いかもしれません。ただそれは、あなたの記憶力のせいではありません...

文法学習

単語を覚えるほか、文法の基礎知識を身につけておく必要があります。
既にそこそこ英語力が身についていて、600点台が取れている方なら、基礎からしっかり学ばなくても良いです。

しかし、英語力の問題であまり点が取れない方、パート5やパート6などで出題される文法の問題が苦手な方は、文法の基礎から学習しましょう。
その際、文法の基礎が学べ、詳しい解説が掲載されているテキストを使ってみてください。

なお、英語を上達させるポイントは、基礎を大切にすることです。
学んだ内容があまり理解できていないまま、どんどん先に進まないように注意してください。
テキストで間違えた問題には付箋を貼るなど印をつけ、解答できるまで何度も解くようにしましょう。

リスニング力を鍛える

リスニング力を伸ばすためには、たくさん英語を聞くようにしてください。
おすすめなのが、英語のラジオニュースです。
以下の英語のラジオニュースはネットで聞けるので、毎日聞いてみてはいかがでしょうか。

  • イギリスのBBCニュース
  • アメリカのCNN
  • オーストラリアのABCニュース
  • カナダのCBCニュース など

TOEIC対策として、イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリアの4か国語の英語の発音に慣れる必要があります。
そのため、苦手な発音のラジオを中心に聞いてみてください。

最初は聞き取りが難しかったとしても、聞いているとだんだん分かるようになってきます。
どうしても理解できない場合は、事前にニュースの内容を日本語でチェックしておくと良いでしょう。

なお、英文の音読もリスニング力をアップさせる効果があります。
意味が分かる英語の文章を、英語のリズムをマネしながら音読するトレーニングも行ってみてください。

リーディング力を向上させる

リーディング力を伸ばすためにおすすめのトレーニングは、音読することです。
英文を音声化することで、速読できるようになっていきます。

また、英文を精読する時間を設けましょう。
英文の内容を把握しながらじっくり読み込むことで、語彙力や文法力、速読力が養われます。

さらに、英語を聞くことと同様に、日々英語を読むことを習慣にすることも大切ですので、先ほどご紹介したBBCやCNNなどの記事を読んでみると良いでしょう。

楽しみながらリーディング力を伸ばしたい方は、本格的な洋書を読んでみてはいかがでしょうか。
観たことのある映画や読んだことのある本の洋書なら、物語を推測できるので、楽しく英語を読む訓練ができます。

問題を解くテクニックを習得する

前述した英語の単語やリスニングの勉強方法に加え、TOEICの問題を解くテクニックやコツを学ぶのも、TOEIC 730点を達成させるためのポイントです。
たとえば、長文の冒頭には目的が書かれている、(*)のある文章は問題の対象となる可能性があるなど、長文読解のコツやルールをマスターしましょう。

また、注目しておけば単語の意味が分からなくとも、文脈が推測できる言葉が存在しているのをご存知でしょうか。

たとえば、”good and 〇〇(不明な単語)”という文章があるとします。
この場合、andの前にポジティブな意味の”good”があるので、andの後の不明な単語もポジティブな意味である可能性が高いことが推測できます。

さらに、TOEICの最後の問題にたどり着くためには、時間配分を考えなければなりません。
模擬テストを何度も解き、時間配分の感覚を身につけておきましょう。

オンラインレッスンを組み合わせる

単語、文法、リスニング、リーディングの勉強方法をお伝えしましたが、TOEIC 730点を目指すとなると、独学では難しいと感じる方も多いでしょう。

一人で対策をすれば、テキストの解説を読んでも分からないところが出てきた際に、困ります。
また、なかなか点が取れず長期に渡って取り組むと、学習意欲を維持できないことも。

そこでおすすめなのが、最短距離でTOEIC 730点獲得を目指せる、自宅学習とオンラインレッスンを組み合わせた学習方法です。
オンラインレッスンなら講師の指導を受けられるので、不明点を質問して解決できます

また、講師と共に対策を進めることで、モチベーションを保ちやすいでしょう。
読解ルールなど、スコアアップを目指せる戦略やアドバイスを、講師に教えてもらえるのも魅力です。

最短でTOEIC 730点を取得するならオンラインレッスンがおすすめ!

TOEIC 730点は、日常会話や英語を使った仕事ができるレベルで、英検に換算すると準1級程度であることが分かりました。
TOEIC 730点が取れると、転職や昇進、進学の際にも役立つなど、さまざまなメリットがあります。

しかし、自分一人で対策を頑張っても、なかなかTOEIC 730点を達成できずに困っている方も多いでしょう。
そのような方は、オンラインレッスンを受講することで、独学で生じる問題を解決できます。

なお、KIRIHARA Online Academyでは、TOEIC® L&R テスト730点突破コースを開講しています。
監修は、全国各地の企業での研修や、東京外国語大学、早稲田大学、明徳義塾高などでもTOEIC講師として活躍し、TOEICのテキストを多数手掛ける早川幸治先生です。

このコースでは、レッスンにて自主学習での不明点を解決しながら対策を進められるほか、音読トレーニングや徹底的な語彙力強化を行い、たった2ケ月でTOEIC 730点を目指します。
無料体験レッスンを行っていますので、気になる方はお気軽に体験レッスンを受けてみてください。

TOEIC®の730点以上を目指したい方へ!

音読を活用したTOEIC®の学習法【ぐんぐん英語力が伸びる効果的な勉強方法】 TOEIC®対策に効果的な学習方法といわれている音読。「何で音読が効果的なの?」と思った方もいるのではないでしょうか。実は、音読は脳科...
ABOUT ME
KIRIHARA Online Academy
KIRIHARA Online Academyは出版社「桐原書店」とオンライン英会話スクール「ワールドトーク」が共同で開発した新しいオンライン英会話サービスです! 英検対策・TOEIC対策に特化し、教材を活用した自己学習と、日本人講師とのマンツーマンのオンラインレッスンを組み合わせた、最も効率の良い受験対策サービスです。