TOEIC®対策

音読を活用したTOEIC®の学習法【ぐんぐん英語力が伸びる効果的な勉強方法】

TOEIC®対策に効果的な学習方法といわれている音読
「何で音読が効果的なの?」と思った方もいるのではないでしょうか。
実は、音読は脳科学の研究においても、効果が抜群の学習法であることが明らかになっているのです。

今回は音読のメリットや、TOEIC®のスコアアップに効果的な音読の学習法をお伝えします。
また、音読学習を取り入れながら、短期間でスコアアップを目指せるオンラインレッスンもご紹介します。

スコアが伸び悩んでいる方、TOEIC®対策で音読学習を取り入れたことがない方は、ぜひ参考にしてみてください。

TOEIC®のスコアアップに効果的?音読学習のメリット

ここでは、音読学習のメリットをご紹介します。

覚えた単語が記憶に残りやすい

TOEIC®でスコアを上げたいなら、単語のインプットは欠かせません。
しかし、数多くある頻出単語を暗記するのは大変ですよね。
折角覚えても、すぐに忘れてしまって、モチベーションが下がってしまうこともしばしばあります。

語彙力を伸ばす必要があるものの、なかなか単語を覚えられず苦戦している方は、ぜひ音読学習で単語をインプットしてみてください。
音読は、黙読のように目だけを使うのではありません。
音を発してそれを聞く勉強法なので、脳が多くの刺激を受けて記憶容量が増え、記憶に残りやすくなります。

文法を習得できる

英語の勉強で文法が特に苦手だと思っている方も多いでしょう。
理解が難しい複雑な文法を、文法のルールだけで覚えて理解しようとすると大変です。

しかし、音から文法をインプットしていけば、正しい語順や英文の構造などが自然に身につきます
たとえば、”Nice to meet you?”は、誰でも使いこなせるフレーズです。
このフレーズに含まれる「to」は不定詞なので、それに続く「meet」は原形で…
なんて考えながら理解すると、とても難しいですよね。
私たちはこのフレーズを音で覚えているので、間違えずに使えます。

さらに、英語の構文も音読学習を行うことで、覚えやすくなります

音読を繰り返し行うことで、難しい文法や単語を無意識で使えるようになり、表現力や応用力も養われるのです。

速読力が身につく

音読は速読力を身につける学習法でもあります。
実は、英文をスピーディーに読めないのは、文章を音声化できないことが原因として挙げられるのです。

たとえば、長文を読んでいる際、音声化できない単語があれば、そこで止まって読み進められなくなります。
さらに、長文の内容も頭に入りづらくなるのです。

英文をきちんと音声化することができれば、スラスラ読めるようになっていきますので、長文読解が苦手な方、読むスピードが遅くいつも最後の問題にまでたどり着けない方は、
音読学習を取り入れてみてはいかがでしょうか。

リスニング力アップにつながる

音読は音で英語をインプットする学習法です。
そのため、日本語にはない英語の発音やリズム、アクセントが身につきます

英語を学習している人のなかには、長文で読めば分かる文章やフレーズが、リスニングの問題に出題されると理解できなくなる、といった経験をしたことがある方もいるでしょう。
これは、英語の発音やリズムを習得できていないことが原因として考えられます。

音読のトレーニングをとおして英語の発音、リズム、アクセントを身につければ、聞くと理解できない英語も分かるようになり、リスニング力の向上につながります。

また、英語を日本語に置き換えず、英語を英語のまま理解できるようになってくるのも、音読のメリット。
筆者も英語を日本語で訳するクセから抜け出せず、リスニングで苦戦したのですが、英語を日本語に変換せずに理解できるようになったことで、リスニング力が伸びましたよ。

スピーキングやライティングの力も養われる

音読を日々の英語学習の習慣にすることができれば、当然英語を話す量が増えます
前述したとおり、音から覚えれば正しい発音やリズム、アクセントを習得できるので、スピーキング力もアップします。
そのため、TOEIC®のスコアアップのほか、英会話力をつけたい方にも音読はおすすめです。

文章を書く際も、私たちは文章を頭の中で音声化しながら書きます。
また、音読をすれば単語のほかフレーズもインプットできるので、ライティング力も身につくのです。

音読を活用したTOEIC®の学習法

つづいて、音読を活用したTOEIC®の学習法をご紹介します。

リピーティング

リピーティングは、英語の音声を聞いて、音声と同じスピードを意識して英文を読む音読法
アクセントや発音もマネして音読するのがコツです。

TOEIC®対策をはじめたばかりの初心者の方は、まずは英文を読み上げるだけでOKです。
慣れてきたら、ネイティブのマネをしながら音読しましょう。

オーバーラッピング

英文を確認しながら、音声と一緒に文章を読んでいく方法です。
リピーティングと同様に、音声と同じ速さで話すことで、ネイティブの英語のスピードに慣れることが可能。

何度も繰り返し練習すれば、似たストーリーを聞き取りやすくなりますよ

シャドーイング

オーバーラッピングの練習で英文をうまく音読できるようになったら、シャドーイングにチャレンジしてみましょう。
シャドーイングは、音声を追いかけるよう聞こえてきた英語を声に出す音読法です。

スクリプトを確認せずに、音声だけを頼りに音読するのがポイント。
トレーニングの回数をこなすことで、スピーキング力も身につきます

音読学習をする際のポイント

たった一度の練習でうまく音声化することを目指すのではなく、声に出して何度も繰り返し音読することをとおして、英語力の向上を図りましょう

また、音読の声を録音するのもおすすめです。
日々音読学習を実施すれば、過去の音読と比較し、上達していることを確認できるでしょう。
音読がうまくなっていることに気づくことで、音読学習へのモチベーションがアップし、楽しみながら取り組めるでしょう。

さらに、英文を読み上げる際、文法事項に着目しながら音読すれば、効率的に文法をインプットしていけます。

音読用の教材

音読にはたくさんのメリットがあることから、早速音読用の教材を購入しよう!と思っているかたもいることでしょう。

音読用の教材でおすすめなのが、TOEIC®の公式問題集です。
また、音源つきの書き込みドリルや、単語帳の例文などを音読するのもおすすめです。
単語帳の例文を音読すれば、語彙力を伸ばせるだけでなく、語句の使い方もマスターできます。

なかなかTOEIC®のスコアが上がらず、英語力にも自信がない方は、問題集やドリルで取り扱われているリスニングセクションの英文を音読すると良いでしょう。
長文の英文より易しいので、取り組みやすいと思います。

一方で、800点台といったハイスコアを既に獲得している方は、リーディングセクションの長文を音読してみてください。

オンラインレッスンの音読学習でTOEIC®のスコアアップを目指そう!

音読をすると単語や文法をインプットできることが分かりました。
さらに、リーディング力やリスニング力のほか、スピーキング力やライティング力アップにもつながります。

このように、音読学習は英語力を総合的に鍛えられる最強の勉強法といっても、過言ではありません。

とはいえ、ご紹介した音読の方法が分かったものの、イマイチどのように普段の学習に組み込めば良いのか分からない方もいるかもしれません。
そもそも、独学でTOEIC®の勉強をすることに、限界を感じている方もいることでしょう。

そのような方は、自宅学習に加えてオンラインレッスンを取り入れてみてはいかがでしょうか。
弊社のKIRIHARA Online Academyでは、短期間でTOEIC®のスコアアップを目指せるコースにて、オンラインレッスンを提供しています。
監修は、英語公用語化企業での研修や、早稲田大学でのTOEIC講師としても活躍されている、早川幸治先生。

TOEIC®のスコアを上げるのに、効果抜群の音読学習を取り入れたレッスンですので、英語力の向上が期待できるでしょう。
講師が毎回の授業で音読の取り組み状況や上達の具合を確認してくれるので励みになり、また「一生使える英語力アップ方法」が身につきます!

また、初心者でも使いやすい書き込みドリルや、厳選語句が収録されている単語帳など、音読学習にぴったりの教材を使ったレッスンとなっています。

不明点を講師に確認しながら学べますので、独学よりも効率的に英語力を鍛えられるでしょう。

なお、KIRIHARA Online Academyでは無料体験レッスンを行っています。
音読学習を取り入れたオンラインレッスンが気になる方は、お気軽に受講してみてください。

音読を有効活用!TOEIC®コースの概要を確認

https://kirihara.worldtalk.jp/blog/toeic/436/

ABOUT ME
KIRIHARA Online Academy
KIRIHARA Online Academyは出版社「桐原書店」とオンライン英会話スクール「ワールドトーク」が共同で開発した新しいオンライン英会話サービスです! 英検対策・TOEIC対策に特化し、教材を活用した自己学習と、日本人講師とのマンツーマンのオンラインレッスンを組み合わせた、最も効率の良い受験対策サービスです。